ホーム > 前期繰越残高【開始残高】の修正方法について|弥生会計 - ITスクールQ&Aブログ

前期繰越残高【開始残高】の修正方法について|弥生会計 - ITスクールQ&Aブログ

前期繰越残高【開始残高】の修正方法について|弥生会計

user-pic

弥生会計導入時に[科目残高入力]画面で設定した開始残高に誤りがあった場合は、[科目残高入力]画面で修正します。

【操作手順】

1.クイックナビゲータの[導入]タブから[科目残高入力]をクリックします。


2.補助科目の開始残高を修正する場合は、[補助科目を表示]にチェックを付けます。


3.部門ごとの開始残高を修正する場合は、[部門]から該当の部門を選択します。
(部門ごとの残高は、弥生会計スタンダードでは設定できません。)  部門ごとの開始残高を修正した場合、[事業所]の金額は自動計算されません。[事業所]の金額も別途修正する必要があります。


4.開始残高を修正したい科目を選択します。補助科目を登録している勘定科目を選択すると、画面の下方に補助科目が表示されます。


5.表示されている[前期繰越残高]の金額を修正します。補助科目がある場合は、先に補助科目の残高を修正します。補助科目の残高が積み上げ計算され、勘定科目の残高として表示されます。


※補助科目がある場合に勘定科目の残高を先に修正すると、修正前との差額が補助科目欄の[指定なし]に表示されます。各補助科目の残高を修正した後、[指定なし]の金額を0円にしてください。


6.開始残高の修正が終わったら、[貸借調整]ボタンをクリックします。


7.入力した金額の貸借差額を[繰越利益](法人の場合)または[元入金](個人の場合)に集計することを確認するメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。


※[繰越利益]および[元入金]の金額は、[科目残高入力]で入力した貸借対照表科目の前期繰越金額に基づき自動計算されます。そのため、[繰越利益]および[元入金]の前期繰越残高を直接入力することはできません。その他、個人データの[事業主貸]区分と[事業主借]区分の科目は年度ごとに精算される科目のため、前期繰越残高は入力できません。


※前年度の会計データが存在する場合、本年度の開始残高は前年度の期末残高と一致します。本年度の開始残高を修正する前に、クイックナビゲータの[事業所データ]タブから[年度切替]をクリックして前年度データを開き、前年度の期末残高が正しいかどうかを確認してください。


ITスクールインストラクター  田口 智

 

kaikeiTopImage.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
会計ソフト(弥生会計・勘定奉行)、給与計算実務
(弥生給与・給与奉行)を学べる
講師派遣型・出張パソコン教室の【ITスクール】

 

>パソコン企業研修/パソコン社員研修の講師派遣・出張パソコンインストラクターは【BESTグループ】

>講師派遣型・出張パソコン教室の【ITスクール】

>webコンサルティング

>楽天ネットショップ講座

>web関連企業パソコン研修 

>ホームページ更新サービス

>文書作成代行・DTPデータ作成サービス

>オフィスソフト企業パソコン研修

>動画の達人講座

>パソコン教室久喜

>中小企業診断士のIT&経営コンサルティング

>会計ソフト(弥生会計・弥生給与)職業訓練集合研修

>講師派遣&パソコン研修~出張PC講師日記

>出張パソコン教室講師のひとりごと

>講師派遣出張パソコン教室講師のつぶやき

>講師派遣|社員研修・団体研修パソコン講師日記

>パソコンセミナー・パソコン講習会・講師派遣ブログ

>パソコン講師派遣・社員研修・団体研修|PC教室日記

>ITスクールQ&Aブログ

>講師派遣&パソコン研修ブログ

>講師派遣の出張パソコン教室ITスクールブログ

>出張パソコン教室ITスクールブログ

« 前の記事次の記事 »